働く九雀−九雀の活動予定です。 九雀プロフィール リンク お問い合わせ

九雀プロフィール写真

■桂九雀プロフィール
1979年(昭和54年)3月1日 桂 枝雀に入門。
マイクロフォンを使う必要のない会場で、生の声、生の三味線、生の鳴物による落語会の開催に力を入れている。
また、一風変わった落語会のプロデュースも多数。(落語と音楽のコラボ企画、ネタの虫干しetc)
 1984年 放送作家・東野 博昭が旗揚げしたカラードシアター・ヘテカラで演劇の初舞台。以降、ヘテカラ全公演、劇団リリパットアーミー、劇団MOTHERなど関西小劇場等へ多数客演。
'05年7月には落語的手法による芝居「噺劇(しんげき)」をスタートさせ、継続的に公演を行っている。
 吹奏楽団やフルートオーケストラと共演し、楽曲の語りを一人芝居形式や落語形式で演じたりと、音楽の世界とのつながりも広げている。その他、1993年よりスタートし、南座名物公演となっている「歌舞伎鑑賞教室」での解説役も勤める。
 持ちネタ数が多く2012年5月下旬で145あったが、突如「持ちネタ総入れ替え宣言」をして、過去の持ちネタを捨てたので、現在、ハイペースでのネタおろし中。

 趣 味    将棋(アマチュア三段)・詰将棋創作・クラリネット

 

九雀の出囃子についてはこちら

九雀のもっと詳しいプロフィール

1960年広島市生まれ。2歳から12歳(小学校卒業)までは名古屋を中心に愛知県内で過ごし、1973年、中学校入学からは大阪府箕面市在住。市立箕面三中〜府立箕面高校と進学。

中学校時代の同級生、高瀬くん森本くんらの影響で1973年9月に「パルコ10円寄席(ABCラジオ)」の収録を観に行ったのが、初めての落語体験。その時に出演していたのが桂小米さん(当時)。
そう!!!後の私の師匠です。翌10月の収録を見に行ったら小米さんは枝雀さんになってはりました。
ネタは、9月が「首提灯」、10月は「風邪うどん」だったと今でもはっきり覚えています。

そのあとしばらく落語から遠ざかっていましたが、高校在学中に、ダイエー京橋店で開催されていた「島之内寄席」を観て、この一門なら仲良くやっていけそうだと直感し米朝一門の一員になることを決心。
師匠・枝雀と枝代姐さん、そして一知・一史という二人の息子達と出会う。
すごく幸運な出会いで、これからの人生でもこれ以上のラッキーは無いと思うし、また必要ない。
内弟子体験レッスン終了の日に師匠から、「室屋(私の本名)は、噺家としてやってやれんことはないけど、えろう向いてるほうやないなあ。10点満点の6点ぐらいやけど、どないする?」と言われ、「やります」と入門。 正式入門は1979年3月1日。
この日には深い意味はない、卒業式がその前日で、すぐにでも師匠のお家に行きたかったから。
内弟子期間中に10くらいのネタを収得する人が多い中、たった6つで満足するような欲のない優雅な内弟子生活を送る。

5年目ころ、初の勉強会「九雀パフォーマンス」を1年間(6回)開催。場所は太融寺。
1995年より、3席すべてネタおろしという無謀なる勉強会「九雀の可能性」を始める。
1996年9月5日(有)落語工房を立ち上げる。といっても手続きはすべて番頭の高橋さんがやってくれました。
2001年8月9日から「毎月九日(時々休み)九雀の日」をスタート。
2002年4月に「毎月九日”頃”九雀の日」と改名。
2003年10月に「月なみ(^o^)九雀の日」と改名。

趣味は将棋。中学時代にクラスで大流行して毎日のようにやりだしましたが、父親には二枚落ちでも勝てず悔しい思いをしました。
桂くん松山くんといった将棋好きな同級生と箕面高校へ進み一直線に将棋部へ。3年生には平巳さん、2年生には松尾さんという強い人がいて、この世界の恐さを知らされました。平日は学校での活動、日祝は松尾さんの家で研究会、と将棋三昧の3年間を送った私も、内弟子時代から10年間は自分に将棋という趣味があったことすら忘れていました。
ある日詰将棋作家の明石六郎さんの紹介で詰将棋全国大会へお招き頂いたのがきっかけで、プロの先生・アマ強豪・詰将棋作家の人たちとの親交が始まりました。そのころ「詰将棋パラダイス」の編集部が大阪に置かれたのも幸運でした。今はその「詰将棋パラダイス」のエッセイ。大好きな将棋ですが、最近特に限界を感じ始めています。

クラリネットとは、1991年に演劇公演がきっかけで出会いました。
独学ではいかん、と1994年6月にヤマハ(神戸・元町)で本格的に習い始めましたが1995年1月17日の震災で中断。
その後、1996年3月〜1999年10月、長谷川玲子先生に教わりました。
OBCラジオの「ワイワイじゃーなる」では、番組スタートの1997年10月〜2001年2月の間、エンディングで演奏させて頂きました。下手な演奏を辛抱して下さったリスナー、伴奏をしてくれた塩田えみさん、発案者のOBC荒井様に感謝。
少しでも吹く時間を増やすためバンドを作る、という実力行使をした結果、複数のバンドに所属していた時期もあります。
現在は依頼があった都度、メンバーを編成して演奏を続けています。


※公演主催者の皆様へお願い
 こちらからプロフィールを引用される場合は、必ず落語工房宛ご連絡下さいますようよろしくお願い申し上げます。